Group Approach


グループ・アプローチ

1. 非構成型グループ・アプローチ

 (1) ベーシック・エンカウンター・グループ

  5名〜8名の参加者が車座になり、対話を通して自己理解や他者理解を深める。

  →人間関係研究会、グループ研究会、パーソンセンタード・アプローチ研究所に所属する他、

   ファシリテーター研究会の代表として、実践と教育、研究をしています。

 

 (2)   Tグループ

  “今ここ”での人間関係に気づき、自分のことやグループ/集団についての理解を深めるアプローチ。

  6名〜8名による対話を中心としたセッションと、参加者全員一同に介してのグループワーク、小講義などからなる。

  →JIELや南山大学でのTグループにお声がけいただくかたちで実践しています。

 

2. 構成型グループ・アプローチ

 (1) 構成型エンカウンター・グループ

  セッション毎にアクティビティやワークがファシリテーターによって提案され、

  体験とふりかえりを通して自己理解や他者理解を深める。

  →ボランティア研修会等一般の方対象の研修会で、このアプローチを用いて

   体験的な学びの場を作っています。

 

  (2) ペアレント・プログラム

  育児に不安がある保護者、仲間関係を築くことに困っている保護者などを、

  地域の支援者が効果的に支援できるよう設定された、グループ・プログラム。

  →福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室の事業のひとつとして、福島県全域で実践しています。

 

 (3) ACTすこやか子育て講座

  心理の視点から開発された体験型の育児講座。虐待防止プログラム。

  →福島沿岸部を中心に実施しています。

 

 (4) ラビング・プレゼンス

  日常のコミュニケーションや人間関係の中で、マインドフルネスの意識を積極的に活用し、

  自分も相手も一緒に元気になることができるコミュニケーションの実践方法。

  →支援職対象の研修会の際に、ワークとして導入しています。

 

 (5) ボディ・プロジェクト

  認知的不協和を起こすことで身体イメージを受容する方法を概説したものです。

  介入プログラムは言語・筆記・行動によるエクササイズから構成され、参加者は週に1 度の計 4 回のセッションにおいて、

  女性に浸透しているやせ理想を自分から積極的に批判的に評価し、それを表現してもらうことになります。

  →2018年度より大学生を対象に実践し、その後、福島で展開する準備を進めています。

 

 

3.半構成型グループ・アプローチ

 (1) COS-Pプログラム(「安心感の輪」子育てプログラム)

  わかりやすい映像や図表を盛り込んだDVD教材を活用する心理教育プログラムです。

  標準的には8週間で、柔軟な人数のグループに(個別から20組ほど)実施できます。

  セッションでは、心理教育用のDVDを視聴しながら、ファシリテーターと内省的な対話をします。

  →保護者対象の研修会や保護者相談会などを通して実践しています。