Publications


論文・小論 Academic paper

論文

  1. 髙橋紀子・入江純子・飯嶋秀治・板東充彦 2018 子どもを支えるソーシャルコミュニティ, 跡見学園女子大学心理学部紀要,1,
  2. 野島一彦・髙橋紀子・小澤知子・中地展生・吉村麻奈美・足立知子・新田泰生・岡村達也 2018 公認心理師に期待されるグループ・アプローチ, 跡見学園女子大学心理学部紀要,1,
  3. Noriko Takahashi, Shuji Iijima and Michihiko Bando 2018 A Review of Community and the outlook of Community Social Approach, Journal of Modern Education Review 8(6), pp.452-457.
  4. 及川祐一・前田正治・髙橋紀子・柏崎佑哉・上田由桂・久田満・中山祥子・増子博文・矢部博興・安村誠司 2017 東日本大震災における若年被災者をもつ親への電話支援について, トラウマティック・ストレス, 15(1), 69-75.
  5. 伏見香代・髙橋紀子 2017 東日本大震災・原発事故後の男性独居高齢者の孤立予防, 保健師ジャーナル, 73(5), 401-406.
  6. 野島一彦・下田節夫・岡村達也・高橋紀子・吉村麻奈美 2017 “個人臨床”と“グループ臨床”について語り合う 跡見学園女子大学文学部臨床心理学科紀要,4,45-61. 
  7. 柏﨑佑哉・前田正治・八木亜紀子・藤井千太・髙橋紀子・矢部博興・安村誠司・阿部正文 2016 福島県被災住民に対する架電型電話支援の試み/福島県「県民健康調査」,精神医学,58(5),433-442.
  8. 野島一彦・下田節夫・高良 聖・高橋紀子 2015 グループをめぐる対話 跡見学園女子大学文学部臨床心理学科紀要,3,93-103. 
  9. 髙橋紀子 2014 福島における学校保健の現状と課題 (特集 福島の被ばく不安) トラウマティック・ストレス : 日本トラウマティック・ストレス学会誌,12(1), 28-33.
  10. 野島一彦・下田節夫・高良 聖・髙橋紀子 2014 グループの「構成」と「構造」 ―エンカウンターグループとサイコドラマの対話―, 跡見学園女子大学付属心理教育相談所紀要,10 ,27-37.
  11. 髙橋紀子 2012 学生相談におけるグループ•ワークの立ち上げを通しての協働についての一考察 甲子園大学紀要No.39,pp.29-34
  12. 西原真喜子・髙橋紀子 2012 女子大生の友人関係傾向と携帯メールとの関連性について 甲子園大学紀要,39,pp.51-58
  13. 大谷祥子・髙橋紀子 2010 恐山における「おもい」の表現について ‐箱庭療法の視点から‐臨床心理研究—京都文教大学心理臨床センター紀要—, 11
  14. 髙橋紀子 2010 「手段」としての集団:枠・重心・軸からみたグループプロセス 京都文教大学人間学研究所人間学研究, 10,67-72.
  15. 須藤春佳・髙橋紀子・大谷祥子 2010 臨床心理学部における実験査定および学外見学実習の学び 臨床心理学部研究報告
  16. 髙橋紀子 2009 心理学研究における理想自己の位置づけ 京都文教大学人間学研究所人間学研究, 9, 79-85
  17. 髙橋紀子・野崎宝代 2009 軽度発達障害児童を対象とする親子並行グループにおける親担当ファシリテーターの役割と課題臨床心理研究-京都文教大学心理臨床センター紀要,10, 79-83
  18. 坂中正義・髙橋紀子 2009 改訂版エンカウンター・グループセッション・アンケート作成の試み福岡教育大学紀要, 58, 107-112
  19. 髙橋紀子 2008 学生相談に関する近年の研究動向 学生相談研究, 28/3, 238-245
  20. 髙橋紀子 2006 電話相談養成研修における構成型エンカウンター・グループ単著臨床心理研究-京都文教大学心理臨床センター紀要-, 8, 107-112
  21. 髙橋紀子 2005 臨床場面におけるクライエントの「理想自己へのこだわり」と変化—抑うつ状態を呈した男性の事例を通して—単著九州大学心理臨床研究, 24, 57-61
  22. 髙橋紀子 2003 非精神病性ひきこもりの理想自己志向性の特徴とカウンセリングにおける変化 九州大学心理学研究, 4, 127-133
  23. 髙橋紀子 2003 いじめの構造がみられた看護学生の研修型ベーシック・エンカウンター・グループ単著九州大学心理臨床研究, 22, 125-133
  24. 野島一彦・吉岡久美子・髙橋紀子・三谷佳子 2002 複数コ・ファシリテーター方式」による構成的エンカウンター・グループのファシリ テーター養成の試み 九州大学心理学研究 3, 21-28
  25. 福田麗・三谷佳子・髙橋紀子 2001 臨床心理Candidate(M1)のための“保育園実習”の体験報告とその考察—人間の成長力、 幅広い人間関係能力、CPアイデンティティを中心に— 九州大学心理臨床研究 20, 103-112

小論

  1. 髙橋紀子 2018 『Reaching Resilience: A Training Manual for Community Wellness』日本語版出版の経緯 特集 『Reaching Resilience: A Training Manual for Community Wellness』日本語版出版にむけて Community Wellness,1
  2. 髙橋紀子 2016 被災地の現状と祈り:特集にあたって 人間性心理学,33(2),157-160.
  3. 髙橋紀子 2003 水間論文へのコメント 青年心理学研究15, 67-69

Publications: Academic paper

  1. Noriko Takahashi, Shuji Iijima and Michihiko Bando 2018 A Review of Community and the outlook of Community Social Approach, Journal of Modern Education Review 8(6), pp.452-457.
  2. Takahashi, N.  2012 Collaboration for the Setting-up of Group Work Activities at a University, Bulletin of Koshien University, 39, 29-34. (in Japanese)
  3.  Nishihara, M. and Takahashi, N.  2012  Relationship between Trends of Friendship of Female Undergraduate Students and Text Messaging, Bulletin of Koshien University, 39, 51-58. (in Japanese)
  4. Sudo, H., Ohtani, S. and Takahashi, N.  2010  The Significance of Psychological Field Practices and Assessments for the Students of the Department of Clinical Psychology, Research Report of the Department of Clinical Psychology, (2), 121-131. (in Japanese)
  5.  Takahashi, N.  2010 Groups as “Means”, Journal of Kyoto Bunkyo University Human Studies Institute, 10. (in Japanese)
  6.  Ohtani, S. and Takahashi, N.  2010 Expressions of “Prayers” in Osore-zan Mountain: From the Viewpoint of the Sand Play Therapy, Study on Clinical Psychology: Kyoto Bunkyo University Counseling Center Journal, 11, 85-91. (in Japanese)
  7.  Sakanaka, M. and Takahashi, N.  2009  Revision of the “Encounter Group Session Questionnaire”, Fukuoka University of Education Journal, 58, 107-112. (in Japanese)
  8. Takahashi, N. and Nozaki, T.  2009  Roles and Problems of the Facilitators for Parents in the Parent-Children Groups for Children with Mild Developmental Disorder, Kyoto Bunkyo University Counseling Center Journal, 10, 79-83 (in Japanese)
  9. Takahashi, N.  2009 Trends in the Studies on Ideal Self in Clinical Psychology, Journal of Kyoto Bunkyo University Human Studies Institute, 9, 79-85. (in Japanese)
  10. Takahashi, N.  2008 Review on the Recent Trends in the Studies on Student Counseling. Student Counseling, 28 (3), 238-245. (in Japanese)
  11. Takahashi, N.  2005  “Clinging to the Ideal Self” and Changes of the Client in the Therapy Sessions: A Study on the Male Client with Depression, Kyushu University Clinical Psychology Study Journal, 24, 57-61. (in Japanese)
  12. Takahashi, N. (2006) Structured Encounter Groups in the Telephone Counseling Training, Kyoto Bunkyo U
  13. Takahashi, N.  2003 Characteristic of Withdrawal Client’s Self-idealization Evaluation and the Change in Counseling, Kyushu University Psychology Study Journal, 4, 127-133. (in Japanese)
  14. Nojima, K., Yoshioka, K., Takahashi, N. and Mitani, K.  2002  Structured Encounter Group Facilitator Training Trials based on the “Multiple Co-Facilitators System”, Kyushu University Psychology Study Journal, 3, 21-28. (in Japanese)
  15.  Fukuda, R., Mitani, K. and Takahashi, N.  2001 Report and Review on the “Field Practice at a Nursery School” for the Candidates of Clinical Psychologists: Their Personality Growth, Communication Skills for Making Relationship and Identity as Clinical Psychologists. Kyushu University Clinical Psychology Study Journal, 20, 103-112. (in Japanese)
  16.  Takahashi, N.  2014  Current Status and Problems of School Health in Fukushima, Journal of the Japanese Society for Traumatic Stress Studies, 12(1), 28-33. (in Japanese)